お茶にしよっ‼︎

たべあるき おうちごはん おもちかえり なんでもない日常を

おうちごはん(イオリ)

good morning

地元広島のブログランキングに参加しています。 ↓↓ よろしければクリックをお願いします。 【調理日】 2024年5月25日

冷やし中華 はじめました

日中は、ジッと汗ばむ日も増えてきました。 わが家の冷やし中華、はじめました。 薄焼き玉子に胡瓜、海老、ミニトマト、青ねぎ、そして白ごま 程よい酸味のたれ(つゆ)が食欲をそそる。 そして何より、麺の旨さを味わう。 麺料理だものね。 地元広島のブロ…

豚ひきとニラのしょうがそぼろ丼

丼は良い。 米飯に何をのせても美味い。 卵焼きだけをのせても、 湯豆腐をのせただけでも立派な「どんぶり」になる。 豚ひきとニラのしょうがそぼろ丼 delishkitchen.tv 材料 【1人分】ごはん 200g豚ひき肉 100g卵 1個ニラ 1/3束ごま油 小さじ2 ☆合わせ調味…

魯肉飯(ルーローハン)

豚バラ肉を買いました。 角切りの豚バラ肉で、すごく綺麗でしたが何に使えばいいか思い浮かばない。 それで、イオリちゃんに託したらルーローハンになりました。 ルーローハンは台湾料理で「滷肉飯」と書きます。 歯がメタメタな字の代わりに「魯肉飯」と書…

茶碗カレー

小さいサイズのレトルトカレーをいただきました。 二人で分け合いました。 茶碗でいただくのがちょうど良い具合になりました。 お箸でも良いけど、カレーはやっぱり匙よね。 産直石垣島・宮古島のかぼちゃを使って、鮭と共に炒めてもらいました。 このかぼち…

謎肉放題で、謎肉もりもりオムライス

カップヌードルでお馴染みの「謎肉」だけの商品「謎肉放題」が6箱ありますの! レッツ、謎肉クッキング 謎肉放題で、謎肉モリモリ炒飯 - お茶にしよっ‼︎ 今夜はオムライス そもそも「謎肉」とは、かつてネットで広まった俗語だったようです。 日清食品から…

暴君の朝食

卵料理が好きで、卵は切らさないよう自分でも気をつけるし、気にかけてもらっています。 たくさん買い込むより新鮮な卵が良いわけで、その結果、料理によっては卵を使い切ることもあります。 土曜日の朝に卵がないことを伝えられ、今から買いに行くと。 そん…

2日目にカレーうどん

ザ☆国民食「カレーライス」は翌日に カレーライスとKANさん - お茶にしよっ‼︎ カレーうどんとなる。 あるあるです。 出汁を加えるにしても、濃厚さを保つよう仕上げてあります。だから静かに啜らなきゃ服に飛び散る、食卓に巻き散らかす。 お上品にいただき…

カレーライスとKANさん

転勤初日の晩ごはん ザ☆国民食「カレーライス」でした。 この日も馴染みの コスモ 直火焼き製法「カレー・ルー」で作っていました。 コスモ 直火焼き製法「カレー・ルー」 - お茶にしよっ‼︎ 新しい環境で1日気をつかい疲れたボクに、いつもの味で心落ち着か…

花ソーセージ🌺

お弁当活動です。 ふたを開けて、笑ってしまう。 花ソーセージじゃん。 広島が誇る地元企業「福留ハム」のボロニアソーセージです。 花ソーセージを見るたびに、イオリちゃんの「ほら貝が吹ける」という告白を思い出します。 花ソーセージ 辛口風味 お弁当に…

勝負めし!

勝負所の食事、勝負めし。 願を掛けたり、験を担いだり。 みなさんは、どんな勝負めし食べていますか? ど定番ですが、ボクの母は「トンカツ」を勝負めしに用意していました。 勝負に勝つ(カツ)!受験に勝つ!だから、腹一杯食べなさいと言われました。 だ…

キャベツのみそ汁

年度末進行で慌ただしくなりました。 もう食べることだけが楽しみです。 そんなボクに晩ごはんをたんとこさえてくれました。 スナイパーのような眼差しで「作りすぎたか?」とつぶやくイオリちゃんです。 赤天 マヨネーズをちょちょいとつけて食べるのが最高…

わっさ、わっさ

ローズマリーは買えば高いので、鉢で栽培することにしました。 ベランダに2鉢、わっさ、わっさと茂ります。 摘んでも摘んでも、わっさ、わっさ。 すごく丈夫で元気な植物なんですね。 鮭を焼くのも、これでもかと贅沢に使います。 良い香りが立ち上がります…

ふるさとの味 三品

週末にイオリちゃんが帰郷しました。 今回は1泊で、いつものように故郷の味を携えて帰広しました。 干したけのこを戻してごま油でさっと炒めたもの 最初見た時は「ナンジャコリャー」思いましたが、今やこれがあるのを確認するとガッツポーズです。 うまい…

混ぜご飯むすびがビッグウェーブ🌊

五木のカレーうどんも好物ですけど、 ボクらの定番! 五木庵 カレーうどん - お茶にしよっ‼︎ 広島市民としてはちからのカレーうどんも推したいところです。 ちからのカレーうどん、お持ち帰りパック - お茶にしよっ‼︎ それで、帰宅してちからの持ち帰りだと…

豚ロースのチーズカツレツ+デミソース タルタルもね!

お疲れお疲れ、週の真ん中水曜日、 晩御飯はカツレツでした。 いつも調理仕立てを用意してくれるのが嬉しいところです。 薄切り肉に火を通した際に、反らないよう深めに包丁を入れるから鶏冠のような形で仕上がります。 ー訂正ーとんかつ用肉なので厚切りで…

29日は肉だったけど、思い通りに事は運ばなかった話

2月下旬に、本ブログで食べたいものリクエストを繰り広げておりまして… ガリザク食感!大鶏排(ダージーパイ) - お茶にしよっ‼︎ そのたびに願いを叶えてもらいましたが、 広島そごうで2月の肉の日は「4年に一度の肉の日」に感謝の気持ちを込めて、お買い…

白ねぎのクリーム煮から、白ねぎたっぷりうどんにリメイク

白ねぎのクリーム煮がお気に入りです。 白ねぎのクリーム煮と豚なんこつ味噌煮込み丼 - お茶にしよっ‼︎ 多めに作った翌日、 イオリちゃんが「かも川うどん」を湯がいていました。 白ねぎのクリーム煮からリメイクの「白ねぎたっぷりうどん」です。 青ねぎも…

ケンタがうちにやって来た!

昨日、「#今夜はケンタッキーじゃね!」と呟いたところ、 大鶏排(ダージーパイ)、翌日さらに美味い - お茶にしよっ‼︎ ケンタがうちにやって来ましたのよ。 「とりの日パック」1,150円(税込)と「ポテト(S)」290円(税込)を2つ KFC 毎月28日は、「…

大鶏排(ダージーパイ)、翌日さらに美味い😋

大鶏排(ダージーパイ)が食べたいというリクエストに応えてくれました。 ガリザク食感!大鶏排(ダージーパイ) - お茶にしよっ‼︎ すごく美味しくて感激したら、翌日もこしらえてくれました。 元々はこの日、別の鶏肉を使った料理を考えてくれてたようです…

ガリザク食感!大鶏排(ダージーパイ)

さて、 大鶏排(ダージーパイ)が食べたいと好き放題書いて筆を置いたところ、 香味だれが決め手!油淋鶏(ユーリンチー) - お茶にしよっ‼︎ 大鶏排(ダージーパイ)が、わが家にやって来た! ↑↑下ごしらえ後の「サラダ油に投げ込まれたダージーパイ」 キッ…

手間抜きごはんに「辰屋のきつねうどん」

フルタイム勤務だと、お惣菜を買ってきたり、手作りのものと組み合わせたりして晩ごはんにすることもあります。 それすらできずにバタンキュー(死語)というパターンもあり、卵かけご飯で済ますよというコメントもいただきました。 そうだ、それで良いんだ…

手間抜きごはんに「ちからのかけうどん」

お互いフルタイム勤務だと、晩ごはんをいつも手作り、という訳にはいきません。 お惣菜を買ってきたり、手作りのものと組み合わせたりします。 そんな日の晩ごはん ちからのかけうどんに「盛ったれイオリスペシャル」で。 広島市には「ちから」がある。何よ…

たっぷり!酢豚、晩ごはん

今夜は酢豚です。 ボクの帰宅と同時に、下ごしらえした材料を炒め始めます。 実は、この世で一番憎きは「酢豚」でした。 酢ゆい食べ物全般を苦手とし、その筆頭格に酢豚がおりました。 ほかにもドライフルーツが苦手でしたが、ヨーグルトに入れて食べると美…

香味だれが決め手!油淋鶏(ユーリンチー)

家事は色々あるけれど、毎日の献立を考えるのも一苦労です。 だから帰宅してごはんができているのは、とてもありがたいことです。 たっぷりのフライドチキンで、テンションが上がる。 幾つになっても揚げ物は神! そこへ白ねぎを刻んだタレをたっぷりかけて…

朝の卵はふたつ焼き!

朝食は元気の素です。 朝からグロッキー(死語)だろうが、忙しかろうが朝食は欠かせませぬ。 そしてボクら朝食はパン派ですの。 いろいろな種類のパンを買います。 だから「これが定番」というパンはありません。 目玉焼き、最近は2個 これは定番になりつ…

揖保ジャパン

最近、損保ジャパンがニュースで取り上げられていて、ネットニュースでは「損保J」と省略されて表記されることがあります。 それを見るたびに揖保乃糸に何かあったのかと心配になるのです。 揖保乃糸 ≠ 損保乃糸 いぼとソンポがマギラワシイ はい、こちらは…

茄子ドリア

冬は温かいものを食べるのが楽しみです。 だから、仕事から帰った時には今夜は何かなと確認するのもマメになります。 今夜は温+温で最高じゃん。 早めに手を洗い、うがいして着替えてべべちゃんこ。 スプーンを手に持ち、準備万端 茄子グラタン? ご飯が入…

扇屋 亀嵩そば

お正月にお土産でいただいたそうです。 亀嵩(かめだけ)駅舎内の蕎麦店「扇屋そば」です。 言わずと知れた、松本清張原作の映画「砂の器」の舞台となる「亀嵩駅」の名物そばです。 今年は、映画「砂の器」の公開から50年となるそうです。 亀嵩駅、どこにあ…

シーズン初の牡蠣フライは、ちびっこギャング

帰宅したら格闘中だった。 ガラス蓋を盾に、油はねから身を守る。 「小ぶりだけど、良い牡蠣が手に入ったから牡蠣フライにするね。」 小ぶりながら油はねはギャング級で シーズン初の牡蠣フライとくれば「たちまちビール!※」と言いたいところですが、食後は…