お茶にしよっ‼︎

たべあるき おうちごはん おもちかえり なんでもない日常を

豚角煮と干し椎茸の炊き込みご飯

f:id:aki_tokitamago:20210726001637j:image

 

広島ブログ

 

暑い夏の夜は、できるだけ火は使いたくない。

 

だけど、食事の準備は日に三度、必ずある訳で。

f:id:aki_tokitamago:20210726001804j:image

そこは、工夫で乗り越えるしかないね。

 

今夜は、マグロの山かけをメインに準備してくれました。
f:id:aki_tokitamago:20210726001809j:image

ボクは、切ってよし、擦ってよしの山芋が好きです。子どもの頃、大嫌いだった山芋ですが、大人になって嗜好が変わった代表格です。

 

イオリちゃんも真似っこの「居酒屋 ふじ井」の豆腐の出し方です。
f:id:aki_tokitamago:20210726001813j:image

とは言え、イオリちゃんのお父ちゃんも、この切り方で毎日半丁ずつ食べていたとかで、オリジナルは誰だか分かりませんけど。

本屋で出会う本 - お茶にしよっ‼︎

 

本日のタイトル画にもなっている、豚角煮と干し椎茸の炊き込みご飯です。
f:id:aki_tokitamago:20210726001758j:image

ホント、干し椎茸は魔法の素材であり調味料です。

 

男性向け料理教室で mine 先生から習いましたが、三大うま味成分とは、昆布に含まれるイノシン酸、カツオに含まれるグルタミン酸ともうひとつ、干し椎茸に含まれるグアニル酸です。

 

グアニル酸は、干ししいたけにしかほぼ含まれていない「うま味成分」だそうで。

 

科学的に捉えると面白いですが、食は実用重視の評価なので、美味くなけりゃ相手にされない厳しい世界です。

 

翌日のお弁当にも豚角煮と干し椎茸の炊き込みご飯が入ってて、脳内のうまみメーターが氾濫目前です。

 

地元広島のブログランキングに参加しています。

↓↓ よろしければクリックをお願いします。

広島ブログ

【調理日】

2021年7月20日