お茶にしよっ‼︎

ボクとイオリちゃんの生きている証

一ノ口 十ノ口

f:id:aki_tokitamago:20200801204415j:image

 

広島ブログ

 

西区観音町、平和大通りに面して「一ノ口 十ノ口」さんがオープンしました。

 

こちらは、広島中華そばの名店「すずめ」の流れを受け継ぐ「めじろ」が移転オープンしたお店です。

f:id:aki_tokitamago:20200802102109j:image

真っ白な暖簾に、「贈 すずめ」の赤い文字。

 

お店の駐車場はありませんが、近隣にはコインパーキングがたくさんあります。この辺り、30分100円が相場ですね。

 

店内、手前側に4人掛けのテーブルが3卓、奥にカウンター、さらに奥が厨房で広々という印象です。
f:id:aki_tokitamago:20200802102048j:image

14時前でしたので、好きなところに座るよう言われました。

 

おでんは、現金を貯金箱に入れてって。

 

入り口左手に食券の自動販売機があります。

f:id:aki_tokitamago:20200802102053j:image

中華そば、650円からのメニュー展開です。

 

もやしと青ねぎの増量は無料なので、チケットを店員さんに渡すときに伝えてくださいね。

 

イオリちゃんは「昔ながらの中華そば」650円(税込)を注文しました。

f:id:aki_tokitamago:20200802102042j:image

もうまんま、広島の中華そばのビジュアルです。

 

チャーシューにもやし、青ネギをのせて。
f:id:aki_tokitamago:20200802102011j:image

これこれ、こうでなくちゃ。

 

これ、すごくスープが旨い。すごくすごくスープが旨い。

 

おでんの「たまごと厚揚げ」各100円(税込)をいただきました。
f:id:aki_tokitamago:20200802102114j:image

おでんは他に、こんにゃく、ガリ、大根、牛すじがあります。残念、この時は牛すじは売り切れでした。

 

ボクは「こってり背あぶらしょうゆ風味」750円(税込)をいただきました。
f:id:aki_tokitamago:20200802102136j:image
昔ながらの中華そばとの差額100円ですが、それでいいのかな?というくらい盛りが違います。

 

たっぷりのチャーシューに、もやし、青ネギ、そして背あぶらです。
f:id:aki_tokitamago:20200802102058j:image

見えないところに、チャーシューの切り落としがボコボコ入ってました。


麺は、おなじみ細めんです。麺の湯がきもドンピシャでした。
f:id:aki_tokitamago:20200802101955j:image
変わらず原田製麺なのかな。

 

背あぶらがたっぷりで、
f:id:aki_tokitamago:20200802102123j:image

ボクらは、定番の昔ながらの中華そばのスープの方が好みでした。

 

中華そばに+250円(税込)でセットメニューにできます。

f:id:aki_tokitamago:20200802102104j:image

チャーハン(小)です。


このチャーハン、しっとりしているけど、パラパラに仕上げてあります。
f:id:aki_tokitamago:20200802102028j:image

初めて食べる食感でしたが、すごく好きなチャーハンでした。

 

ちなみにチャーハン(並)は500円(税込)です。持ち帰りもできるようです。

 

卓上には、にんにくとコショー、紅生姜があります。
f:id:aki_tokitamago:20200802102005j:image

レンゲとお箸もテーブル上にあるのでご自分で。

 

すごい繁盛店になるでしょうね。
f:id:aki_tokitamago:20200802102037j:image

何度も通いたくなるお店です。

 

いや、通うに違いない。また来ますね。

 

ごちそうさまでした!

 

広島ブログ

【訪問日】

2020年8月1日

【一ノ口 十ノ口】

住  所  広島市西区観音町13-11 大塚ビル1階