お茶にしよっ‼︎

たべあるき おうちごはん おもちかえり なんでもない日常を

麺屋 森実

f:id:aki_tokitamago:20210920171931j:image

 

広島ブログ

 

この3連休は、「行ってみたい」とブックマークしておいた「菩提樹」や「森実」へ出かけました。

 

まずは、2021年9月13日オープンの新店「麺屋 森実(めんや もりじつ)」さんです。

f:id:aki_tokitamago:20210920172330j:image

工業地域、準工業地域などの用途地域が並ぶ、飲食店がないエリア(お店は近隣商業地域)です。

 

だから、まずはお店を発見する必要ありです。

f:id:aki_tokitamago:20210920172441j:image

国道2号線沿い「コーナンPRO」そばは大きな手がかりです。駐車場も3台分あります。

 

ボクら「ラーメン」500円(税込)を注文しました。
f:id:aki_tokitamago:20210920172320j:image

500円はオープン記念で、2021年10月31日までの価格です。メニューは、「ラーメン」「セット」「持ち帰り」の3点のみ。

 

セットは「ラーメン+白ごはん」で600円(税込)です。山形のブランド米「つや姫」だそうで、ごはん大盛りも同価格です。

 

ラーメンですが、メンマがロングです。
f:id:aki_tokitamago:20210920172333j:image

食べやすいようにひと手間かけてありますが、その長さにはとりあえずビックリします。

 

鶏チャーシューは柔らか。
f:id:aki_tokitamago:20210920172325j:image

刻みチャーシューも添えてあって、こちらは歯応えありの変化球です。

 

イオリちゃんは、この刻みチーシューがすごくいいって。

 

開店時のスタンド花に「丸新麺業」がありました。
f:id:aki_tokitamago:20210920172323j:image

丸新麺業って、岡山県笠岡市製麺業の会社です。だからかどうか、ネットでは笠岡ラーメンの流れを受け継いだラーメン店か、と噂になっています。

 

会計時にお店のスタッフに「これは笠岡ラーメンですか」と聞いてみました。

 

答えは「よく言われるんですけど、オリジナルなんですよ」とのことでした。

f:id:aki_tokitamago:20210920175751j:image

スープの色が濃いですが、甘めの美味しいラーメンだと思います。ただ味は濃い目なので、確かに白ごはんが欲しくなります。

 

シンプルなメニュー展開もうなづけます。このラーメンに合わせるのは白ごはんしかありません。

 

テーブル上には、これまたシンプルに「コショー」と「ニンニク粉」のみ。
f:id:aki_tokitamago:20210920172328j:image

食べ始めてから「ニンニク粉」を加えると深みが一段増す感じです。

 

ゴミ箱が各席の足元に常設してあるので、ティッシュを使った後もスマートに処理できます。こんな心遣いが嬉しいです。

 

お冷には薄手のグラスが用意してあって、飲み心地が良い。店内デザインもそうだけど、開店に向けて色々なこだわりが感じられました。

 

店内で飲食したお客さんが「持ち帰り」500円(税込・容器代込)をテイクアウトしていました。これは容器にできあがったラーメンを盛り付けた「持ち帰り」ですね。

 

広島市内には、珍しいタイプのオリジナルラーメンだと思います。雑誌の取材も受けたようです。これからどんなお店になるか注目です。

 

地元広島のブログランキングに参加しています。

↓↓ よろしければクリックをお願いします。

広島ブログ

【訪問日】

2021年9月20日

【麺屋 森実】

住  所  広島県広島市西区南観音町22-27

電話番号  070-4329-3398

https://www.instagram.com/menya.morijitu/