お茶にしよっ‼︎

ボクとイオリちゃんの生きている証

美の庵 鍋焼きうどん

f:id:aki_tokitamago:20201015091115j:image

 

広島ブログ

 

広電白島線の終点、駅の北側交差点をさらに北上すると、美の庵さんがあります。

美の庵 牛すじカレーうどん - お茶にしよっ‼︎

 

その美の庵さんに、夜限定の鍋焼きうどんをいただきにやって来ました。

 

夜の営業も人気ですね。しかも女性客が多いです。

 

ボクは迷わず『鍋焼きうどん』を注文しました。直後に来店した女性おひとりも『鍋焼きうどん』。さらに直後に来店した女性お一人は『エビ天うどん』をオーダーしました。

 

店内を見回しても、鍋焼きうどん、人気高いですね。

 

『調理にお時間10分少々かかります。』とのことですが、鍋焼きを食べに来たのだから気にしておらぬ。じっっっっっっくり焼いておくれ。

 

期待高まる中、意外に早くやって来ました!鍋焼きうどん‼︎

f:id:aki_tokitamago:20201015092358j:image

『お鍋がとても熱くなっていますから、お気をつけてお召し上がりください。』って、ありがとう。その熱々を待ってたんです!積極的に触っちゃうよ。熱っっ。触るのは本当にいかん。

 

まずはレンゲでスープを。の前に、お箸でうどんをそっとよけてみると.....ふわっと上がる『出汁の香り』・・・天然昆布に鰹節、うるめ節、鰹節、伊吹産いりこをたっぷり惜しみなくつかった出汁の香りです。

f:id:aki_tokitamago:20201015092725j:image

広島うどん、出汁の香り三選に入れました。(今、決定。)

 

広島市内、うどんの麺そのものにこだわる名店は数多くも、この出汁の香りには勝てないのかもね。

 

そして、鍋焼きうどんには、肉やわかめがたっぷりだけでなく、エビ天が2匹反り返っています。

 

お隣の、エビ天うどんもやって来ました。見た目は、ドンブリか鍋かの違いのようにも見えます。あちらにもエビちゃんがツートップで入っています。そしてこの女性、味見をすることも無く、卓上の一味をかなりの量振りかけました。

 

ボクも一味派の一味ですが、味見すること無く一味を入れるほどではありません。しかし、郷に入っては郷に従えです。

 

一味一振り、おう、広がる香り。

 

こりゃ、一味もちょっとそこらにある一味じゃ無いね。

 

へりくつばかりでなく、どんどん食べすすめます。熱々が鍋焼きうどんの醍醐味ですから。

 

いつまでたっても、鍋は触れないままです。

 

いや、心からの満足の一杯でした。

f:id:aki_tokitamago:20201015092848j:image

うどんの最高金賞って、こんな満足できる一杯のことだと思うよ。

 

ごちそうさまでした!

 

広島ブログ

【訪問日】

2016年11月1日

※鍋焼きうどんは当時890円(税込)でした。

【美の庵】

住  所  広島市中区東白島2-13

電話番号  082-221-1250

讃岐手打うどん 美の庵

https://www.instagram.com/minoan_udon/

https://www.facebook.com/minoanudon/