お茶にしよっ‼︎

たべあるき おうちごはん おもちかえり なんでもない日常を

天亀(てんがめ) アナゴ釜飯

f:id:aki_tokitamago:20200122151943j:image

 

広島ブログ

 

ひとりで東広島に用事があって出かけた時に、「釜飯」の幟を見て行ってみました。

 

お店への進入口から奥へ進むと広大な駐車場があります。

f:id:aki_tokitamago:20200124172318j:image

お店の名前は「天亀」。

 

酒処西条らしく、酒蔵の一部を改装したお店だそうです。

 

まるで、タイムスリップしたかのような、古き良き時代を感じる店内です。

f:id:aki_tokitamago:20200122152951j:image

平日の13時過ぎ、店内は、ほぼ女性客でいっぱいでした。小さな子ども連れも。

 

メニューを見るとやはり、釜飯が充実しています。

 

釜飯御膳のメニューから、「アナゴ釜飯とうどん」1,000円(税込)を注文しました。

f:id:aki_tokitamago:20200122152359j:image

釜飯御膳は他に「釜飯と冷やしうどん」「釜飯とから揚げ」「釜飯と天ぷら」があり、選んだ釜飯の種類で値段が決まります。

 

うどんだけでも、十分満足できる量です。

f:id:aki_tokitamago:20200122152734j:image

釜飯は、すでに炊けた状態で出されます。客席で仕上げをするために、固形燃料に火をつけます。

 

その手順についてメニュー表の下に指南してありました。初めての場合でも安心ですね。抜粋してみます。

 

1 釜飯が出てきたらワクワクしながら約3分蒸す。

 

2 息かコテで火を消す。

f:id:aki_tokitamago:20200122152753j:image

3 火傷をしないようによく混ぜる。

 

4 茶碗にとり、好みに応じて薬味をかけて食す。

f:id:aki_tokitamago:20200126172131j:image

5 徳利の出汁を釜にうつして再び火を点けて3分炊く

 

6 卵を溶き入れ、良くかき混ぜて雑炊にてホクホク食す。(天亀流)

f:id:aki_tokitamago:20200122152934j:image

7 雑炊にせず、釜飯を食べ切った場合は、徳利の出汁を釜にうつして火を点けて卵を溶き入れ、卵汁にて味わう。

 

この釜飯、美味しいですよ。指南通り、雑炊にしましたが、もったいない。釜飯のまま食べるのがボクは好きです。

 

平日限定ですが、お昼膳のメニューには、ソフトドリンクがつきます。食後に、ホットコーヒーをいただきました。

f:id:aki_tokitamago:20200122153008j:image

釜飯だと、時間がかかるイメージがありますが、こちらのお店では手軽に素早く、いただけました。

 

ごちそうさまでした!

 

広島ブログ

 

【訪問日】

2020年1月21日

【天亀】

住  所  東広島市西条町大字田口2052-2

電話番号  082-425-3066

http://tengame.jp