お茶にしよっ‼︎

たべあるき おうちごはん おもちかえり なんでもない日常を

うどんのあき 謎解きは「うどん」「おでん」「むすび」

f:id:aki_tokitamago:20200729062535j:image

 

広島ブログ

 

東白島町、Qガーデンの裏手にある自家製麺のお店「うどんのあき」さんにおじゃましました。

 

このご近所の飲食店を訪れた際に知ったお店です。

f:id:aki_tokitamago:20200729092705j:image

外から中の様子は分かりませんが、「自家製麺」であることと、うどんは「かけうどん」が 350円 からあるようです。

 

東白島町は、飲食店がたくさんあり、白島通りに面してうどん店の「美の庵」があります。

 

そんな環境で勝負できるのは、良いお店であるに違いないと思ったわけです。

f:id:aki_tokitamago:20200729092644j:image

店内は、テーブル8席、カウンター2席で、女将さんが調理から配膳までお一人でされてます。

 

うどん単品各種あり、400円追加することで定食にできます。定食は、うどん+お寿司かおむすび+おでん一杯の組み合わせです。

f:id:aki_tokitamago:20200729092734j:image

イオリちゃんは「きつねうどん定食」850円(税込)を注文しました。

 

きつねうどん、単品で頼めば450円ですが、お安いかも。

f:id:aki_tokitamago:20200729101304j:image

お値段以上、自家製麺うどんのねじれ具合がお出汁とからみ合ってすごく美味い。

 

お揚げは一枚ドーンではなく、食べやすい大きさに切ってありました。
f:id:aki_tokitamago:20200729092742j:image

あとは、かまぼこに青ネギ。

 

それにしても、かけうどんを選んでも満足レベルの高いうどんです。

 

うどんをいただくのって、やっぱりうどんとお出汁の掛け合わせで満たされたいと思うわけですから。

 

おむすびは、昆布にシャケです。
f:id:aki_tokitamago:20200729092738j:image

おむすびの具は、中にしっかり入っています。上に載っけてある具はこっちがシャケだよというお印です。

 

細やかな心配りです。

 

おでんは、このお皿に入るだけ盛ってくださいということでした。
f:id:aki_tokitamago:20200729092658j:image

隠し包丁も丁寧に入っていて、しっかり味も染みていました。

 

ボクは「鍋焼きうどん」1,000円(税込)を注文しました。
f:id:aki_tokitamago:20200729092729j:image

真夏でも鍋焼きうどんがあれば、ボクはついつい頼んじゃう。

 

たっぷりお野菜、お肉、落としただけの玉子が身体に染み渡る。
f:id:aki_tokitamago:20200729092649j:image

元気になる一杯。それが鍋焼きうどんですネ。

 

帰り際に、開店当時の新聞記事が店内に貼ってあるのを発見しました。
f:id:aki_tokitamago:20200729092714j:image

女将さんとあれこれやりとりをする中で、女将さんのお母さんも呉でうどん店をやっているとのことでした。

 

「呉」と「うどん」、このキーワードはボクらのホットなキーワードです。

 

何というお店ですかと伺ったところ、

 

『峰』ですとの答えでした。

 

「うどん」「おでん」「むすび」なるほど。呉市広末広の名店、峰、人気の定食の組み合わせだよ。

 

だけど、このことを抜きにしても満足感の高いうどんでした。

 

オススメです。ぜひ、行ってみてください。

 

ごちそうさまでした!

 

広島ブログ

【訪問日】

2020年7月25日

【うどんのあき】

住  所  広島市中区東白島町9-10

電話番号  082-227-0257