お茶にしよっ‼︎

たべあるき おうちごはん おもちかえり なんでもない日常を

「お饂飩 あきばれ」に初訪問

f:id:aki_tokitamago:20240520155429j:image

 

広島ブログ

 

2024年2月1日にオープンするや、瞬く間に人気店となった讃岐うどん店へ行きました。

f:id:aki_tokitamago:20240520160939j:image

広島方面から八本松駅を過ぎ、カーブを抜けた先に見える「うどん」の看板が目印です。

道路の向かいにはグリーンセンター芳樹園さんがある場所です。

お好み焼きせっせ」が昨年の10月末で惜しまれながら閉店した後に入りました。

(余談ですが、新井口駅ビルにあった「せっせ」はお気に入りで何度か行ったことがありました。)

 

さて、正午に到着しました。広々駐車場ですが、かなり埋まっていました。
f:id:aki_tokitamago:20240520160949j:image

階段から上がり、2階が入り口です。

 

店内は4人掛けのテーブルと2人掛けのテーブルが、それぞれ3卓ずつ。

小上がりには4人掛け2卓と、2人掛けが1卓で、カウンター席も2席ありますが、ボクらで満席となりました。

その後のお客さんは階段で待っていました。

 

まずはうどんと天ぷらのメニューです。
f:id:aki_tokitamago:20240520160931j:image

かけうどんが500円(税込)で、二重丸のものはおすヽめということでしょう。

「あつあつ」「ひやあつ」「ひやひや」から選べるメニューもあり、それぞれの好みに応じて対応してもらえます。

なお、麺の大盛りは無料です。

並盛りが 250g、大盛りで 350g です。

 

おでん、ご飯もの、ドリンクメニューです。
f:id:aki_tokitamago:20240520161006j:image

隣席のご夫婦がだいこんのおでんを召し上がっていました。

綺麗に透き通った大根で、味染みも良い感じに見えました。

しゅうまいのおでんなんて変わり種もあり、寒くなったら試してみたいです。

 

机上は整然と。
f:id:aki_tokitamago:20240520160921j:image

一味、白胡麻、揚げ玉、海人の藻塩のラインナップです。

匙も2種類あるのが良いですね。

 

イオリちゃんは「わかめうどん(鳴門産)」660円(税込)に、
f:id:aki_tokitamago:20240520160913j:image

「ちくわ天」200円(税込)を注文しました。

 

並盛りです。
f:id:aki_tokitamago:20240520161010j:image

わかめが実にいい香り。

さすがはおすヽめ、間違いない味わいです。

 

この日はかけうどんの大盛りがよく出ている印象でした。

 

半カットのちくわを揚げています。
f:id:aki_tokitamago:20240520160908j:image

藻塩もあるのだけど、何もつけずに食べて美味しいです。

うどんに浸して召し上がるお客さんもいて、人それぞれの好みですね。

 

ボクは「ぶっかけうどん」550円(税込)と、
f:id:aki_tokitamago:20240520161001j:image

ごぼう天」200円(税込)を注文しました。

こちらのお店は、ねぎが別添えなのも特徴です。

 

並盛りの「あつあつ」です。
f:id:aki_tokitamago:20240520160935j:image

猫舌なら「ひやあつ」がおススメだそうですよ。

甘めの出汁で、ボク好みです。

 

ごぼう天でありながら、柔らかい。歯がなくてもいけるかもしれない。
f:id:aki_tokitamago:20240520160926j:image

うどんに浸さなくても柔らかなごぼう天です。

もちろん、天ぷらは揚げたて熱々です。

 

こちらの店主、香川県で修行したそうです。
f:id:aki_tokitamago:20240520161128j:image

讃岐うどんって、人それぞれにイメージがあると思うのですが、こちらはうどんのコシより「のど越し」を重視したタイプです。

弾力が強い讃岐うどんを期待すると肩透かしを喰らう感じになります。

ボクはやおいうどんが好きですが、このくらいの弾力は許容範囲でした。てか美味い。オススメ😆

 

注文が全部配膳されるとカードを渡されます。会計時はそれを持ってレジへ。

店員さんがマシーンを操作して、支払いは現金のみ。

支払いだけセルフになっています。
f:id:aki_tokitamago:20240520160944j:image

店舗入り口にメダカがいたり、金魚がいたり。

子連れだと嬉しいかもしれません。

 

店まわりもとにかく綺麗にしてあり、
f:id:aki_tokitamago:20240520160956j:image

店内外ともに清潔感があります。

 

家政婦は見た
f:id:aki_tokitamago:20240520160903j:image

たぬきが見てた

 

地元広島のブログランキングに参加しています。

↓↓ よろしければクリックをお願いします。

広島ブログ

【訪問日】

2024年5月19日

【お饂飩 あきばれ】

住  所  広島県東広島市八本松東七丁目6-23

電話番号  082-426-3149

https://www.instagram.com/akibare_udon